ロゴ







リーダーシップ

当社には無人化の卓越した技術があります



創業者兼 CEO、ラッセル・ジュリアン (米陸軍退役)

机に座っている男性


私たちは、情熱的な航空宇宙の実践者であり、技術のエヴァンジェリストです。


TEXAS UASWERX は FAA (連邦航空局) Part 135 (運用) および Part 141 (トレーニング) の認定事業者であり、全米空域で標準化された統合 UAS 運用を実施する最前線にいます。




立っている男性



黒人


ケルビン・ソルコ (FAA を退職)、統合担当ディレクター


連邦航空局に 33 年間勤務

  • FAA 南西部地域管理者として 6 年間勤務し、テキサス州、アーカンソー州、オクラホマ州、ルイジアナ州、ニューメキシコ州の 4,600 人以上の航空専門家を率いる。
  • 地域管理者として、航空業界の代表者、様々な連邦政府、州政府、地方政府機関、および市民や民間の利益団体と密接に連携して働く。

    プレーリービュー A&W 大学で土木工学の学士号を取得

  • テキサス州登録の専門技術者
  • ルトルノー大学で MBA を取得

    ハーバード大学シニアエグゼクティブフェロープログラムを修了。



    男性


    ハロルド・ギブス、IoT 主任


    ハロルド・ギブスは、IoT 黎明期からのリーダーであり、IoT 技術とそれに対応する 3G/4G/5G、および他の分野のネットワークの専門家と見なされています。ハロルドは、Ericsson、Verizon、Sprint、Dell などの大手ワイヤレス企業で、ワイヤレスおよび IoT のアーキテクト、専門家、エンジニア、営業幹部を務めてきました。最近では、ハロルドは、ロボット工学/自動化の一般的な分野、特に無人機と UAS の分野における 5G と IoT ソリューションの開発にビジネスと技術的エネルギーを注いでいます。2019 年 9 月にテキサス州の Sprint IoT ディレクターとして、ハロルドはジョージア州ピーチツリーコーナーズの 5G/IoT/オートノミーラボで、Sprint および米国初の 5G 飛行と 5G 接続無人機のアーキテクトとリーダーを務めました。ハロルドはまた、5G ドローン飛行への道をリードし、アメリカ大陸全域でドローンの人道的な活用の道を探る非営利団体 5G ドローン・コンソーシアム・アメリカズ www.5gdronesamericas.com の会長でもあります。

  • MBA、電子ビジネス、フェニックス大学
  • MIT、IoT 認定
  • 小売、ヘルスケア、およびサプライチェーンの IoT 垂直型 SME - Verizon 2010 年~ 2017 年
  • USAF - データセンター管理者、米国および韓国
  • USAF - 航空機兵器乗務員長 - F16、F15
  • USMC – USMC - 航空兵器エンジニア – Harrier、A4、F4、Cobra


  • 白人の女性


    ロビン・エイキン准将 (米陸軍退役)クライアントリレーションズ担当ディレクター

    エイキン准将は、戦略的リーダーおよびロジスティシャンとして 31 年以上アメリカ陸軍に勤務しています。兵員、外交官、人道主義者としての多様な職責に加え、国連ロジスティクス部長の要職に就いてきた彼女は、これまで 25,000 人以上の人々を指導してきました。

    アキン准将はテネシー大学 (ノックスビル)、セントラルミシガン大学、およびアメリカ陸軍戦略大学を卒業しています。



    高齢の白人男性


    マーク・サットン、トレーニングおよびフライトオペレーション担当ディレクター

    マーク・サットンは、小学校入学前に模型飛行機を飛ばし始め、飛行機を見てモデルを言い当てることができました。彼は 1967 年に科学フェアのプロジェクトとして最初のアナログバイナリコンピュータを組み立て、その後、フライトシミュレーションを含む民間および軍事用コンピュータの統合に 25 年を費やしました。FAA が Part 107 の認定プロセスを開始したとき、彼は最初に認定を受けた一人でした。UAS 産業に関する彼のビジョンは、ノーステキサスを UAS 技術における全米の卓越した中心地として確立することです。

  • FAA リモートパイロット
  • AMA メンバー
  • AOPA メンバー
  • sUAS プラットフォームの設計者、ビルダー、システムインテグレーター、フライトインストラクター。


  • 若い黒人


    ロニー・ミラー、標準化・安全担当ディレクター

    米国陸軍に 6 年間勤務

  • UH-60 ブラックホーク クルーチーフ、第 160 特殊作戦部隊の精鋭部隊に 2 年間在籍
  • 米国政府との契約により UAS パイロット、UAS インストラクターパイロット、ミッションコマンダー、空中センサーオペレーターを務め、飛行時間は 5,000 時間を超える

  • Operation Iraqi Freedom (イラクの自由作戦) および Operation Enduring Freedom (不朽の自由作戦) で海外へ戦闘派遣
  • メリーランド大学の UAS 試験場の主任テストパイロット 兼 航空安全担当官を務める

  • FAA、DHS、CACI によるアトランティックシティ国際空港での UAS 探知プロジェクトのために、すべての飛行任務の遂行に尽力
  • メリーランド大学の NASA UTM 飛行プロジェクトに携わり、様々な無人システムを一度に飛行させ、NASA UTM システムの試験を実施
  • 様々な航空機で 1,200 時間以上の飛行時間を有する現役の固定翼民間パイロット

    デラウェア州立大学でプロフェッショナル航空システム運行管理の学位を取得

    Texas UASWERX では、組織全体で安全性、標準化、およびトレーニングを推進



    当社には無人化の卓越した技術があります